着付師達の戦い

成人式前には着付師さん界隈はこんなにも練習会があるのか???とびっくりしました。当たり前だけど毎年新しい帯結びは出る。ああした方がこうした方がより着る人も着せる人と苦しくなく、そして素敵に見える。などなどなどなど、その人それぞれの目標設定を決めて(速さだったり、仕上がりだったり)いろんな方が色々な場所で練習場所を提供したり、参加したりされていました。

当たり前だけど、技術職習ったら終わりじゃない、本当にベテランさんも新人さんも日々精進、そこで止まったらそこまでなんだなぁ…

着物の柄も流行りすたりが、あるように帯の形にもある。着付けにもある。途中で止まってしまう人もいるだろうけど、止まらないで研究して、実行できる人になる!

まずは基本!!基本基本!!どんな流行とかあってもやっぱり基本があってこそなんだよね。

はじめての成人式

いつも楽しく美しく、普段着着付けの先生ももさんです。

年明けからブログをサボってた訳ではなくて。色々悩むことがあり、なかなか書けないでいました。悩んでいた事のひとつとして、今回書く内容もその一つですが、成人式の着付けと普段着の着付けの違い。でした。

着付師になろう!と決めて、はじめての成人式でした。某振袖屋さんの着付け会場にアシスタントとして入れてもらうことができました。ももさん自装は20年超えていますが。残念ながら、振袖はまだ着付けに入れるレベルでは無いので、今回はひたすら先生方に紐を渡したり、お嬢さんの体を支えたり、補正をおさえたり、洋服を着物の箱にしまったり。をやらせてもらいました。

そんな中、着物の入っている箱に親御さんからの手紙があり、20年間育ててきた親御さんのお嬢さんへの想いに触れることが出来たり、この日のためにバイトしてお金を貯めた子の頑張りや着付けをこうして欲しいんだ!っていう人生一度のイベントに対する拘り、そういう様々な想いに圧倒されて、会場入りは3時だったのに、知らぬ間に夜が開けていました(なんやかんやで会場には10時間くらいいました)当たり前だけど、着付師には振袖を着せた1人だけど、振袖を着る子には生涯で1度しかないセレモニーなんですよね。初めて会った子なのに、なんだか、親戚のおばちゃんみたいな気持ちになり、あらー、素敵!!こんなに大きくなって!!みたいな気分に何度もなりました。

ちなみに今回なお店は腰紐四本、伊達締め2本、コーリンベルト2本、前撮りに使った脱脂綿とガーゼのベスト、タオル4本を補正と着付けに使ったのだけど…、確かに、生まれて初めて着る着物がこの重装備だったら(振袖は襦袢も着物も袖が長いやら、帯も重いやらでとりあえず全部重い)そりゃ自分で着るのは大変って、みんな思うよなぁ。着付師も日々練習なので、成人式前は着付師練習会がいろんなところで起きるので、ももさんも何度となく着付けモデルとして振袖を着せてもらったのですが、あまり着物を触ったことのない美容師さんと違い、普段から着せ慣れている着付師さんの着付けでも、普段ももさんがダラーっと着てる着付けより断然きつい!(当たり前だが)。ついでに帯とかは緩まないようにしっかり締めるので、締めてる時体を支えるのが大変だったりする。

そりゃ毎日着物着ていたら大変でしょう???って聞かれる訳よねぇ。。。

と自分の中での成人式がやっとこなれてきたのでしばし成人式に思う事みたいなのを書いていきます。

開けましておめでとうございました

気がつけば1月6日、あっという間に令和2年も1週間経ってしまします。そんな今年のももさんの着物事情ですが1月1日訪問着で初詣に行くも激混みで他の神社に行ってみた。2日訪問着親戚が来るのでひたすらご飯を作っていた。3日、よく着る茶色の紬実家のお墓参り、4日、正月疲れでパジャマでゆっくり。5日、普段あまり着ない白地に染めの小紋を引っ張り出して家人と築地場外をぶらぶら。

そしてちょい自慢!今年入ってから朝の散歩をまだサボっていないのです。明日からもあさんぽ頑張るぞー