いかんせん帯の位置が低いのだ

低い!!低いぞ!!!

なんでこんなに低いのだろうと、先生と話していて、脇の下に帯が入らないのがわかった。

もしや??と思って着物を脱がし、肌襦袢だけにして帯を巻いてみると良い位置にくる、もしや肌襦袢が補正の時点で引っ張られて帯が脇に上手いこと入らないのかも知れない。と思ったので、この後そのあたりをやってみるのだ!

昨日はブログも着付けもサボり笑笑(サボりっていうか自分の下手さに打ちのめされて着物見たくなかったのよね…)